「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 24日

「盲導犬」



b0087994_2144522.jpg



今日はフォークをかけていました。
4人がけの席からさだまさしの歌と一緒に歌声が聞こえてきます。
盲導犬をつれたご夫婦の奥さんが歌っていました。
11歳のとき脳の病気で全盲と片耳が難聴になったこと。
映画好きでご主人がすべて説明してくれること。
目が見えないとは思えないほど自然で前向き。
何も見えない人が見えていて、見える人がみえない。

「まだ半分残っているのボトルも、もう半分しか残っていない・・・」
考え方ひとつで幸せにも不幸にもなる

by bansan38 | 2006-11-24 21:39 | Comments(8)
Commented by moriann at 2006-11-25 14:50 x
bansanさんの文から情景が見えてきます・・すばらしい~
奥さんの分身となっていらっしゃるご主人 目となってるワンちゃん 暖かい愛の中で伸び伸び楽しんでらっしゃる奥さん 素敵だったでしょうネ~
バンサンには徳島にもこんな素敵な方がいらっしゃるんだって感じさせて下さるお客さまが自然に集まってくる・・ママのお人柄がそうさせるんでしょうね~  考え方一つで幸にも不幸にもなる・・肝に命じてます
Commented by ぽわん at 2006-11-25 20:38 x
犬の目は優しいですね、恐い犬も目は優しい。
Commented by bansan38 at 2006-11-25 22:26
moriann さんへ
はい、アンばーばさんはすごいです。
そばにおいでたみたいです。
昨日は楽しいし元気ももらったし天性の明るさでしょうか、可愛い女性でした。
目が不自由だったら、耳で聞こうとする能力が発達し、勘も鋭くなります。
100パーセントがマイナスになることはないということがわかりました。
心強いです。

Commented by bansan38 at 2006-11-25 22:28
ぽわん さんへ
恐い犬も目は優しい・・・
目が見えるから見えないことのひとつですね。
反省です。
Commented by ぶん at 2006-11-26 17:09 x
bansanさんの写真はどれも見入ってしまいます。
あいまいでなくキチッと物事をご覧になっているのがそのまま出るんだな~と。
何でも見落としてフワフワ生きてるようで恥ずかしい・・・わたしも肝に命じます。
Commented by bansan38 at 2006-11-26 21:22
ぶん さん、こんばんは!
ぶん さん、恥ずかしいことなんかないですよ。
フワフワ生きたいです。
何でも筋を通し、キチッとでないと生きられない性格はつかれます。
自分が疲れ、人をも疲れさす・・・
フワフワの練習します。
Commented by moriann at 2006-11-27 07:16 x
ぶんさんとbansan38さんの会話読ませていただいて……何か笑えちゃった・・ゴメン……だってお二人ともその通りがでてるんだもの・・ばーばはぶんさん以上に超いい加減人間・・持って生まれた性質ってなおそうとしても無理 その中で無い物を少しでも得るよう 努力でなくて練習が必要なんですね・・肝に命じます・・ありがとう~・・
Commented by bansan38 at 2006-11-27 21:43
moriann さんへ
アンばーばさんは、はっきりとした考えがいつもみえます。
でもフワフワしてる。う~んどうすればそうなれるのか・・・
無いものを得る練習ですね。
性格を変えるのってむずかしいです。練習してもしばらくするとすぐ戻る。


<< 仁宇暁子「絵画」 谷口裕志「陶」展      「自分へのごほうび」 >>