「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 06月 26日

「來住しげ樹展」

b0087994_1931081.jpg










b0087994_19312891.jpg




三木市立堀光美術館にて開催
6月22日日(土)から7月15日(月祝)まで
沢山の作品が並ぶ・・・
來住さんは描くのが大好きな画家さん。
平日なので在廊されていないと思っていたが、ちょうど在廊日だったようで
お会いできた。たくさんの人が来られていて、可愛い律ちゃんの
持ってきてくれたアップルパイと珈琲をご馳走になった。

來住さんの絵は力強く、迫力がある。
エネルギッシュでバイタリティーにあふれている。
それが來住さんなのだろう・・・・

by bansan38 | 2013-06-26 19:39 | 展示会(その他) | Comments(2)
Commented by 風の樹人 at 2013-08-07 23:51 x
漸く個展の後始末も見通しが立ってきた。
 制作は基本的に毎日。
  「花」ばっかり描いている。
   ハガキが基本の大きさだが、もっと小さいものや、イレギュラーな形も面白いかもしれないなと、「作品」づくりよりも「楽しみ時間」的な絵を描いている。

 「作品」って何なのだろうと力を抜く感じで…。    それにつけてもクーラーのきかないatelierは、どうしようもない。  休憩室以外にクーラーがないのだから。
Commented by bansan38 at 2013-08-08 21:10
風の樹人 さんへ
お疲れ様でした。。。

絵を描いていたら、楽しそうで元気な來住さんがちょっと羨ましい。
人を羨ましいという感覚は私にはあまりないのですが、才能があり、
夢中になれる人はいいなあと時折思う。

力は不可欠ですが、力を抜いて欲しいです。
それが來住さんの絵なのですが・・・力があるから抜けるのだから。

もっと小さなもの・・・もいいですね。
大きいものも小さなものも、同じですね。いえ、もっと難しいかもしれません。

最近の夏の気温で、クーラーがないのは、きついですね。
体に気を付けて下さい。


<< 「兵庫県立近代美術館」      「うちげえのアート おおや」 >>