「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 17日

「パリ・オペラ座・バレー団」


      シンデレラ
b0087994_21295351.jpg










b0087994_213052.jpg




15日、東京上野の劇場までパリ・オペラ座・バレー「シンデレラ」を見に出かけた。
朝、嫌いな飛行機に乗りまっすぐ上野へ・・・
悲しいことにひしめき合う美術館や博物館も当日は月曜日でほとんど休館。
仕方なく、不忍池をぐるりと廻り、旧岩崎邸をみせてもらいに、ただただ歩いた。

始めてみるクラッシックバレーも凄かったが、悲しいことに座席が前過ぎて床が見えず、
もちろんバレーダンサーの最も見たかった足(トウシューズ)が見えなかった。
次回は古典がよい。

宿泊は「コンラッド・東京」・・掃除が行き届いていなくて、かたちばかり、ただ朝食のパンは美味しかった。
15日は上野、16日は銀座と、同じ東京でも暮らしている人の生活の違いを目の当たりにした。
また、嫌いな飛行機に乗って四国に帰ってきた。
住むには良い所だと改めて思いたいために都会に出かけていっているのだろうかと、この度もおもった。
四国はいい・・・

by bansan38 | 2010-03-17 21:53 | 芸術 | Comments(10)
Commented by 風の樹人 at 2010-03-18 16:30 x
tugumiさん
フットワークの凄さに驚いています。
やはり若いのですよ。
バレーは、私も全篇通しでは観客になったことがありません。
ヨーロッパ仕立ての、背景に「神」があって、信仰が生活に根ざしている文化の中に居て、始めて普通に楽しめる舞台でしょうね。始めて全曲を聴いた、オイゲン・ヨッフム指揮の京響の「ドボルザーク・新世界」が、田舎に居る高校生の自分の記憶の最初のシンフォニーでした。聴いてみると、今までに耳にした曲です。勢い調子に乗って、アムステルダム・コンセルトヘボーの「ベートベン7番」を、フェスティバルホールで聞いて、クラシックファンになってしまった青春期が甦ります。
素敵です。その事を思い立って出かけられた東京。上野ですからたぶん文化会館でしょう。  都立美術館に出品をしていた、ごく最近まで、上京の際に良く時間を過ごしたホールです。
Commented by tugumiさん凄い! at 2010-03-18 16:50 x
なんてスピーディな行動!!!
私は6月に公演があるマシューボーンの白鳥の湖が見たいと思っているんですが。。。
何故か最近は、なかなかお出かけが出来ない。
チャンスが出来ない状態です。
勤めているのって、意外と不自由なものです。
今から何とか行けないか考え中です。
Commented by ぽわん at 2010-03-18 19:02 x
上野に息子が居るので昨年末 10日ほど居候
便利で良かったですよ

障害者にも随分優しい街になってました
帰ってきたらここは寂しいねってカミさんが言ってましたよ
Commented by bansan38 at 2010-03-18 21:40 x
風の樹人 さんへ
駅のまん前にある文化会館です。
クラッシック・バレーをはじめて見ました。
何年か前にみた映画で、とても好きな映画なんですが「リトル・ダンサー」の最後に
アダム・クーパーというダンサー出てきます。
ドキドキするほど迫力があり、その人をみていつか一流のクラッシックバレーを見ることが念願でした。
今回は座席が前過ぎて床が見えなくて残念でした。
もう一度、次回は古典をみたいです。
Commented by bansan38 at 2010-03-18 21:49 x
tugumiさん凄い!さんへ
千代生さんでしょうか・・・
6月の白鳥の湖は東京ですか?
次回は古典が見たいと思っていますが、東京には飛行機が・・・苦手です。
大阪か神戸・京都くらいにと願っていますが、一流はいつも東京です。
Commented by bansan38 at 2010-03-18 21:53 x
ぽわんさんへ
上野は二度目ですが、路上に人が寝ていたり、家の無い人が沢山居るのには
驚きました。
四国にはない光景でした。
政治をしっかりやって欲しいと思いました。
Commented by moriann at 2010-03-19 06:43 x
すばらしい還暦記念になりましたね
せっかくのバレー足下が見えないとは?残念! でも美しい表情はバッチシだったでしょう~ね  嫌いな飛行機に乗らなくても高松でも本格的世界バレー公演 2年に一回くらいやってますよ・・・・
Commented by 風の樹人 at 2010-03-19 17:50 x
tugumiさん
訂正します。
京響は、ハンス ヨアヒム カウスマン指揮/オイゲン ヨッフムは今セルトヘボウの指揮でした。  老境に入り、固有名詞を忘念することが多くなりました。 反省です。知ったかぶりはいけません。
Commented by bansan38 at 2010-03-19 22:33 x
moriann さんへ
高松にくることがあるのですか・・・
もう一度、みたいと思いました。
情報が入ったら教えてください。
記念ではなくて、映画にいく感覚と似ています。
興味が沸くと勝手に体がうごいてしまいます。
アンばーばさんも同じみたいですね。
Commented by bansan38 at 2010-03-19 22:34 x
風の樹人さんへ
ありがとうございます。
でも、間違いには気づいていないのです。


<< 「但馬木彫」と「住吉屋」      「プレゼント」 >>