「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 30日

「適材適所」


H@Lさんの絵、「冬の到来」
b0087994_2113935.jpg




今日、H@Lさんから送られた絵を5枚かけた。
かけた途端1枚「どんぐり」が売れた。
4枚になった・・
たった、この4枚の絵の居場所に今日は手こずった。
毎度ディスプレーには時間がかかるが、今日は4枚。
居心地のよい場所を探すのに一苦労する。
となりの絵と交換するだけで、2センチ移動するだけで雰囲気はがらりと変わる。

絵も植物もひとも適材適所。
居場所がよくなると、どんなものも、またひとも生き生きしてくる。
それを見ているひとも生き生きしてくる。
ふしぎだ。

by bansan38 | 2009-09-30 21:17 | 芸術 | Comments(10)
Commented by 風の樹人 at 2009-09-30 23:25 x
作家の生活が見えてきます。
大好きな絵ですね。
Commented by ぽわん at 2009-10-01 19:45 x
組み合わせ 配置 均衡 1+1が3にも4にもなる

面白いけど気を使いますね
Commented by clipbox at 2009-10-01 21:12
帰りのクルマの中で突然名前を思い出しました。八木和彦さんです。
下記がホームページです。
http://kazuhiko-yagi.com/

それとニコラ・ド・スタールは画像検索でたくさんありました
http://image-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=Nicolas+de+Stael&b=2&d=21
Commented by bansan38 at 2009-10-01 22:52 x
風の樹人さんへ
この作家さんは色使いがすばらしく、絵本も出版されています。
今回の作品は5年ほど前の作品ですが、最近はとくに何色も何色も使われます。
はまる人とまったく見向きもしない人と両極端です。
絵本「モイモイのポッケ」を見る赤ちゃんはすべてはまるらしいです。

Commented by bansan38 at 2009-10-01 22:57 x
ぽわんさんへ
合うときは、どちらの絵も合います。
合わないときはどちらも合わないからいいです。
ひとも同じような気がします。
好きな人はお互い好きな場合が多いし、苦手な人は相手もそんな感じです。
こればかりは仕方ないですね。

ぽわんさんは好きですが・・・
Commented by bansan38 at 2009-10-01 22:59 x
clipboxさんへ
見ました。
この人の名前は覚えています。
記事として大きく掲載されていました。
ありがとうございます。
見せてもらいますね。
Commented by スミッチ at 2009-10-01 23:58 x
やはり本物を見に行ってよかったです♪
どんぐりの絵、見えなかったと思うと余計みたくなるもんですね…
Commented by bansan38 at 2009-10-02 21:24 x
スミッチさんへ
そうですね。
ほんものがいいです。
絵を買われたときに、いつも想像するのですが、どんなところにかけるのだろうと。
Commented by 千代生 at 2009-10-05 08:05 x
どんぐりと言えば、最近青いどんぐりが沢山落ちています。
とても綺麗なグリーンで、道端にコロコロ転がっています。東京も秋らしくなってきて、一昨日は真っ赤な落ち葉を1枚見つけました♪
それだけでなんだか幸せ気分になれる私って、安上がりだなぁ。。。って思いました♪
Commented by bansan38 at 2009-10-05 23:05
千代生さん、こんばんは!
どんぐりが青いのですか・・・
なぜ青いのでしょうね。
真っ赤な落ち葉を見つけてうれしいのはよくわかります。
落ち葉だけでなく、どんなものも新鮮な発見は楽しくなります。
いつまでも、そうありたいですね。


<< 「矢野祐志 作陶展」      「お詫び」 >>