「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 25日

「親不知」


ー大浦歯科ー
歯が痛くて大浦歯科に出かけた。

大浦先生は、いつも歯を大切にしてくれる。
親不知に虫歯が出来ていると、神経を抜かなければいけないからと、
長時間かけて神経を抜いてくれた。
奥の奥でやりずらそうだった。私は頭が本当に下がった。
そして痛くなくなった。

親不知に虫歯ができると、「先生、抜くのではありませんか?」と
尋ねました。先生は下の歯にも健康な親不知があるので、
あったほうが良いと答えてくれました。

保険がきかない治療ばかり勧める先生がいる中、丁寧な治療をしてくれる
大浦先生には感謝するばかりである。

大浦先生こそ、「お医者さん」といえる。

by bansan38 | 2017-06-25 14:43 | その他 | Comments(2)
2017年 06月 21日

「谷﨑 泰江 展」



b0087994_9383395.jpg








b0087994_938915.jpg




2017年6月21日(水)~7月2日(日)まで
谷﨑さんの個展は二度目。。。

好奇心旺盛でこどものような性格の谷﨑さんの絵は
益々進化を続けてるような面白さを感じます。素人の感想ですが・・・・
どこに向いて行くのか楽しみな作家さんです。

by bansan38 | 2017-06-21 09:43 | 展示会 | Comments(0)
2017年 06月 07日

「藤井 哲信・藍色のガラス展」

b0087994_20493094.jpg









b0087994_20495771.jpg









b0087994_20502028.jpg






2017年6月7日(水)~6月18日(日)まで
美しい藍色の格子柄や定番のレースは見事。。。
お人柄も穏やかで、あの難しいレースを作るひとには見えない。

私がブルーのレースの一輪挿しをそごうの画廊で買ったのは
もう25年くらい前になるのだろうか・・・
改めて、難しい手法なのだと、考えさせられる。

一貫して藍色にこだわる。

「私の全盛期」という言葉を聴いたのは秦泉寺さん。
つたないが始まりの、向かっていく勢いのよい作品も
完成度の高い作品も、歳をとり緩やかな流れの作品もその人。

その人の人生が作品に表れる。

by bansan38 | 2017-06-07 21:06 | 展示会 | Comments(2)