「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 28日

「花見小路」


b0087994_19463513.jpg




H@Lさんから送られてきた京都をテーマにした「花見小路」という絵。
いろんな和傘の柄を絵にした可愛い絵です。
黒をバックに伏見桃山城も届いています。
H@Lさんらしいよく見ると、細やかにお城の全景が描かれていて、面白い。

by bansan38 | 2012-07-28 19:53 | 芸術 | Comments(2)
2012年 07月 16日

「イワサト・ミキ」

         キャッチ・ボール
b0087994_20491420.jpg









            なずな
b0087994_20492971.jpg



イワサトさんの絵が送られてきました。
何だかおかしくて、魅力を感じます。
ごく単純な線で描かれていますが、彼女の絵はクスッと笑ってしまう魅力があります。
来年、うちで個展を開いてくれます。とても楽しみです。
なずなの絵も葉っぱがピンと伸ばした足のようで愉快です。

そうです。彼女の絵はシュールといわれますが、愉快なのです。

by bansan38 | 2012-07-16 20:53 | 芸術 | Comments(0)
2012年 07月 15日

「いじめ」

  
       庭のトマト
b0087994_9213597.jpg





連日、テレビでいじめ問題が取り出さされている。
とても大きな問題であるし、小さなことの始まりでもある。
こんなに大きくなると、一番まずい結果が生まれることはもう仕方ないのかもしれない。
学校の担任や校長、教育委員会・・・まったく信頼が失われていく。
子供たちは先生を馬鹿にし始め、良い結果にはならない。

すべての根本が信頼性なのに、もっと悪い方向に進んでいくことも仕方ないのだろうか。
いじめをしてはいけないということを先生は子供たちに教えられていない。
いじめた子供も、いじめられた子供もふがいない教育者によって被害者になっていく。
教育者に問題があると、私は思う。
学校の成績ばかり気にして、正直なこと、素直で誠実・・・人の気持ちになってみること。
大切なことを教えてほしい。もちろん家庭でも。
先生自体が見た目やカタチにとらわれ、不誠実である。
先生だって間違いはあるのだから、力を抜けばいいと思う。
いいこと、悪いこと、もっと簡単に単純に教えてあげること。
複雑にし過ぎている。

自然が破壊されていくのも、こんな単純なことが悲しい結果になるということも
不自然からきている。

by bansan38 | 2012-07-15 09:37 | 植物 | Comments(4)
2012年 07月 03日

玉木万立子 「藍と絞り」


b0087994_18433553.jpg









b0087994_1843555.jpg




明日、7月4日(水)~7月15日(日)まで
美しい玉木さんの藍染で店内はいっぱい・・・

by bansan38 | 2012-07-03 18:45 | 展示会 | Comments(6)