「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 06日

川久保貴美子さん「帽子とバッグ展」


b0087994_10441056.jpg




8月14(日)まで
たくさんの帽子とバッグが並ぶ店内はいつもとちがう雰囲気。



2年前に定年になった主人。
今は一緒に店を手伝ってくれている。
有難いことだが、24時間一緒にいるということは大変だ。
飲むとよく喋るが、基本無口・・・
私が何か問いかけると返事はなく、私はストレスがたまる。
私がたまるということは多分主人も同じだろう。
時々思う、壁と喋っていたほうが気が楽。
歳とともにわがままになり、一人の気楽さを覚え、誰かと一緒というのは大変だ。
どれほど気の合うひとでも長時間は難しい。新鮮な空気が必要・・・

by bansan38 | 2011-08-06 10:45 | 展示会 | Comments(4)
Commented by はりりん at 2011-08-06 16:28 x
ご主人とても良い感じなのに、そんな風に感じることもあるんですね。私も似ているかなあ。相方はおしゃべりじゃないし、こう返して欲しいのになあと感じることもしばしば。なんかしゃべってよ!とか車の中でよく言ってました。

ブログを久しぶりにみて、楽しかったです。近況を聞かないで用件だけの電話に(寂
とか そうですよねわかるわかると独り言。
でも私よりずっと上手に生きておられていつも凄いなあと思います。
実家で資源ゴミ出して汗だくです。
Commented by ぽわん at 2011-08-06 20:18 x
ちょっと贅沢ですね

一人がいいときもあるけど 基本的に人は
群れで生活します

帰ってきてくれる人が居たから
一人のときの気安が味わえる
Commented by bansan38 at 2011-08-07 09:17 x
はりりん さんへ
主人はいい人ですよ。
会社に行っている時は気が付かなかったことですね。
話しかけて、こう返してほしいでなく、なしのつぶてです。
変な気がします。壁と喋るほうがいい!とよく思います。
店の仕込みに家事三食は堪えず追われて疲れます。

お父さんは顔を見せてくれて喜んでおられるでしょうね。
楽しんできてください。
Commented by bansan38 at 2011-08-07 09:21 x
ぽわん さんへ
贅沢・・・わかります。
ひとりだと不安なときもあるだろうし、寂しいだろうとも思います。
でもしなければならないことは、後ろから追いかけられてへとへとです。
男のひとも自分のことくらいは自分でできなければ、おくさんは定年後、かなりのストレスだと思いますね。


<< 「のこぎりギター」      「狂女フリート」 >>