「ギャラリーーバンサン」ーあのときかもしれないー

bansan38.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 05日

「赤いスカートの少女」


b0087994_22221423.jpg




2月10日からはじまる来住しげ樹展の作品。
たくさん絵がやってきた。
ドンキホーテ、花、顔、少女と多彩。
なかでもこの絵がお気に入り。

by bansan38 | 2010-02-05 22:25 | 展示会 | Comments(4)
Commented by はりりん at 2010-02-06 10:48 x
爆発だぁ!っていう感じのお知らせハガキが昨日届きました。色々見ていくと、自分の好きなものがはっきりしたり 他の人の話を聞いて改めて見ると意外な魅力を見つけたり展覧会楽しいです。

昨日から声がでなくなりカスカスになってます。一年に1~2回は喉風邪にやられます。今日明日で治さねばネ。
Commented by 来住しげ樹 at 2010-02-06 11:00 x
早速、掲載有難うございます。
楽しい作品展になることを期待します。
作家自身が、どんな作品をお送りしたかすら分らないほど、たくさん送ってしまいました中から、この作品がいいと頂いて有難うございます。
制作に掛けた時間は、ほんの何十分のこの作品、何日も描けた作品とは違った、心の隅に潜んでいる心の居場所の一つかもしれませんね。
生きているうちに起伏する揺らぎの一瞬にこそ、自分が居るのかもと思いました。
お疲れが出ないように、よろしく息を抜いてお願いしますね。
加代子さん!
Commented by bansan38 at 2010-02-06 21:28 x
先日はありがとうございました。
云われる意味がよくわかります。
そうなんだ!私ってこういうものが好きなんだ!と
新鮮な何かを見た時そう思います。
自分が吸収したいとき、できるときのような気がします。

オリーブのような細い体・・・可哀相に、風邪早く治してくださいね。
Commented by bansan38 at 2010-02-06 21:39 x
来住しげ樹さんへ
「生きているうちに起伏する揺らぎの一瞬にこそ、自分が居るのかも」・・
自分には見えないのかもしれません。
力を入れて描いている抽象画があるから、何十分で描かれた絵が、
人から見たら力の抜けた見ていて楽な絵になっているのかもしれません。
単純なものを好みます。


<< 「風の羅漢」      「葉書」 >>